2008年10月13日

・・・アポロ計画と月の正体・・・

yoru4.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
アメリカ政府が隠しているというアポロ計画と月の正体にまつわる都市伝説です。

アポロ計画といえば、アメリカ政府が国をあげて臨んでいる計画ですね。
とくに月面周回や着陸などが有名です。そして、スペースシャトルにはアポロという名前が必ず付けられていました。そんな計画に関わったある宇宙飛行士に関するうわさがあります。

その宇宙飛行士は、アポロ8号に乗船していました。
アポロ8号の役割は、月面周回でした。つまり、世界で初めて月の裏側を見ることになるのです。そして、計画通りにアポロ8号が月面の裏側に行き、見事に月面周回を成功させました。しかし、その直後、ある宇宙飛行士が管制官に「なあ、サンタクロースを見たんだ」と言ったのです。サンタクロースという発言は、その日がクリスマスだったから冗談で言ったものだとほとんどの人に理解されました。しかし、サンタクロースには別の意味もあるのです。それは、未知の生命体、未確認飛行物体という意味が。

つまり、この宇宙飛行士は人間以外の知的生命体を確認したと、全世界に発表してしまったのです。これは、アメリカ政府にとって非常に都合の悪いことでした。そこで、見せしめとしてこの宇宙飛行士はバツを受けることになったのです。そのバツとは、アポロ13号のキャプテンになって再び宇宙に行くこと。その本当の目的は、アポロ13号の顛末を見ればわかりますね。
posted by トシデン at 13:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
ksiEFooR
Posted by hikaku at 2009年06月27日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108011339

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。