2008年10月23日

・・・フィクションの注意書き・・・

yoru3.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
テレビドラマで見るフィクションの注意書きにまつわる都市伝説です。

「このドラマはフィクションであり、登場する人物、団体は実在のものと一切関係ありません。」
この注意書きは、ドラマのエンディングで必ず目にしていると思います。フィクションというのは、簡単に言うと作り話だということですね。しかし、すべてのテレビ局がなぜこのようなことを必ずするようになったのでしょうか?

このフィクションの注意書きをさかのぼってみると、とある特撮テレビドラマに辿り着きます。
その特撮に登場していた、アク役ドルゲ。このドルゲが主人公と戦うために、毎回アク役のマ人やヨウカイを送り込んでいました。この特撮は子供たちの間で非常に人気があったそうです。しかし、そのせいであるトラブルが起きたんだとか。

ある日、この特撮を放映しているテレビ局に電話がありました。
それは町医者をしているドイツ人のドルゲという人からでした。その内容は、特撮の人気で子供たちからアク役と同じ名前の私がひどい目にあっているとの抗議だったそうです。これを受けてテレビ局側は、番組の最期にフィクションの注意書きを必ず載せるようになりました。

しかし、この話には大きな問題点がありました。
ある番組で調査したところ、このドルゲなるドイツ人の医者は実在しないことが判明したんだとか。
posted by トシデン at 13:31| Comment(3) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。貞子と申します。
興味深いお話の数々を
楽しませていただきました。
よかったら、相互リンクを
お願い出来ませんでしょうか?
私からは
http://www2.plala.or.jp/ivjkiz/ax/index.html
から、リンクを貼らせていただきました。
ご検討を頂けましたら幸いです。

貞子の心霊写真館
http://www2.plala.or.jp/ivjkiz/sada/
Posted by 貞子 at 2008年10月24日 22:57
はじめまして。貞子と申します。
興味深いお話の数々を
楽しませていただきました。
よかったら、相互リンクを
お願い出来ませんでしょうか?
私からは
ttp://www2.plala.or.jp/ivjkiz/ax/index.html
から、リンクを貼らせていただきました。
ご検討を頂けましたら幸いです。

貞子の心霊写真館
ttp://www2.plala.or.jp/ivjkiz/sada/
Posted by 貞子 at 2008年10月24日 23:01
まぁ確かにフィンクションって言っておかないとこういう事件も起こりますよね(笑)

日本怪奇列伝
大曽根
Posted by 大曽根 at 2008年11月01日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。