2007年10月20日

・・・西郷隆盛は生きていた・・・

yoru2.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
明治維新の立役者で薩摩藩のリーダーだった西郷隆盛にまつわる都市伝説です。

西郷隆盛は明治に入り、時の政府の中でも非常に高い地位を得えていました。しかし、かつての武士が士族となり、その士族が次々に落ちぶれていく様に奮起して政府に反旗を翻したのです。そうして始まったのが、西南の役です。
維新後、おそらく唯一の国内紛争にあたると思います。その戦いの最中、西郷隆盛が命をおとしたというのが日本史の勉強では定説でした。

しかし、実は『西郷隆盛は生きていた』『生き延びてロシアへ亡命していた』『ロシアの皇太子が来日する際に西郷も帰国する』などといったウワサがしばらくして流れ始めたのです。

このウワサの始まりがどこからなのかはわかりませんが、当時の新聞も報道していました。しかし、ロシアの皇太子が来日した際に西郷隆盛が帰国することはありませんでしたが。
このような都市伝説は西郷隆盛以外にもあります。有名なのは、源義経ですね。庶民のヒーロー、そして若くして命をおとした人物には、どこからともなくこのような生存説が生まれてくるようです。
【関連する記事】
posted by トシデン at 11:16| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!
Posted by jmjmjmjnj at 2009年05月09日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61537467

この記事へのトラックバック

埼玉県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 埼玉県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-05 17:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。