2007年10月23日

・・・平将門のタタリ・・・

yoru3.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
日本の歴史上最もおそれられている平将門にまつわる都市伝説です。

平将門は関東地方を支配していました。しかし、当時は今のように政治・経済の中心ではなく辺境の地と呼ばれるにふさわしい地域でした。そのことに平将門は日頃から不満を募らせていて、あるとき自らを『新皇』(新しい天皇)と称して都と対立したのです。
やがて都から討伐軍が関東へやってきて、平将門は討ち取られてしまいました。しかし、平将門にまつわるおそろしい話はここから始まるのです。

討ち取られた平将門の首はさらされたわけですが、その目がまったく閉じることがなかったそうです。あるとき、町人が夜中に平将門の首が青白い炎をまとって飛んでいたといい始めました。その後、関東地方では水害などの天災により多大な被害が出たそうです。

「平将門のノロイに違いない」
そのウワサはあっという間に広まりました。そこで首塚を作り、丁重に祭ることにしました。日本では、タタリ神を祭ると守り神になるという信仰があったのでこのような対応をしたようです。

しかし、明治に入り、首塚のある場所に大蔵省を建設しようという計画が出てきました。そして、工事に取り掛かったのですが、原因不明の事故が相次いだそうです。

ただ、強力なタタリ神ほど祭れば強力な守り神なるという考えから、平将門をうまく利用した人物が歴史上います。それは徳川家康です。江戸時代に、平将門にまつわる神社が江戸にいくつか建てられたのですが、その神社の位置を線で結ぶと北斗七星の姿が出てきます。これは、平将門が北斗七星を信仰していたことから徳川家康があえてやったと伝えられています。
posted by トシデン at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62048195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。