2008年10月17日

・・・ドラえもんと2つのボタン・・・

yoru1.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
国民的人気マンガでありアニメでもあるドラえもんにまつわる都市伝説です。

原作ドラえもんは、小学館の『小学3年生』や『小学4年生』などの学年誌で連載されていました。
そして、一定量のストックが出来れば、それをコッミクとして発売していました。この点は、今ある連載マンガとコミックの関係と変わりありませんね。しかし、ドラえもんをコミックにする際に、編集者を悩ませた作品が2作品あったのです。

まず、『独裁者ボタン』。
これは、消えてほしい人のことを思いながらボタンを押すと、その人が消えてしまうという道具です。のび太はこれを使ってジャイアンやスネ夫、しずかちゃんと次々に消していきました。しかし、のび太は気づくのです。自分がひとりぼっちになってしまったことを。そのことを悲しんで泣いていると、電柱の陰からドラえもんがニヤリと笑いながら、「独裁者ってのは、寂しいもんなんだよ」と呟くのです。これはコッミクに載りました。

次に、『ばらばらボタン』。
これは、ほしいもの、たとえば頭のいい人から脳を、けんかの強い人から腕をといった具合に、ボタンを押せば自分のものと交換することが出来るという道具です。のび太はこのボタンを使って次々に自分の体を改造していきました。しかし、のび太は気づくのです。自分がまるでフランケンシュタインのような生き物になってしまったことを。そのことを悲しんで泣いていると、電柱の陰からドラえもんがニヤリと笑いながら、「欲張りすぎるのも、よくないんだぜ」と呟くのです。これはコッミクに載りませんでした。

なぜ、この2作品はこれほどブラックなのか。
それは、当時連載で悩んでいた藤子・F・不二雄が、かつての相棒である藤子不二雄Aからアドバイスを受けたからだと言われています。藤子不二雄Aはブラックな作風を当時描いていましたから、その影響を強く受けたと推測できますね。
posted by トシデン at 19:11| Comment(8) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

・・・ドラゴンボール鳥山明と集英社・・・

yoru3.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
世界中で世代を超えての大人気マンガ『ドラゴンボール』の作者鳥山明と週刊少年ジャンプををはじめ多くの人気雑誌を出版している集英社に関するものです。この都市伝説は、首を傾げることもありますが、妙に納得できるものであります。

集英社では、他の企業と同様に新入社員を入れると、まず様々な研修をさせるために研修期間に入れることにしているそうです。その研修期間で新入社員に必ずやらせることがあるんだとか。それは、新入社員が名古屋にある鳥山明の邸宅に行って、鳥山明に「鳥山明先生、マンガをかいてください」とお願いするんだそうです。

たしかに、最近は鳥山明もマンガの連載をしていませんし、陰りの見える出版界にとって鳥山明の新連載マンガは何よりも欲しいものですね。
posted by トシデン at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

・・・ドラえもんの最終回・・・

yoru3.jpg
日本だけでなく世界中で人気のマンガであり、そしてアニメでもある『ドラえもん』。その最終回に関する都市伝説です。

作者はすでになくなっており、はたして『ドラえもん』の最終回はどうなるのか気になるところですね。実は、のび太は交通事故で意識不明の重体で、病院のベッドで「ああ、こんなことがあったらいいな」と夢を見ていたというのがオチだとか。つまり、自由がきかないのび太の想像の産物がドラえもんだったということです。

しかし、これよりも現実的な最終回をうかがわせる話がありました。それは、『ドラえもん』という作品は原作で何度か最終回を迎えており、その中でドラえもんが未来へ帰るというのが最も真実らしい最終回ではと考えられています。
posted by トシデン at 10:39 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

・・・ジョジョの奇妙な冒険・・・

yoru2.jpg
私は今その現物をもっているので非常に驚いています。大人気のマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』にまつわる都市伝説。それはあの「9.11」アメリカテロをなんと『ジョジョの奇妙な冒険』の第三部で予言していたという都市伝説です。

内容は、第三部「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴその@のときの話です。弟のボインゴのスタンド能力は、マンガで未来を予言するというものでした。その未来の予言で「911」の数字が入ったシャツを着た青年が電柱に突き刺さってなくなるのですが、その青年の背後に不気味に笑う飛行機とイスラムシンボルである月が描かれていて、さらに時刻が10時半という点で「9.11」アメリカテロを予言していたのではという都市伝説が生まれました。

あまりに酷似しているといえますが、都市伝説にすぎません。
posted by トシデン at 20:07 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。