2007年09月01日

・・・ケータイau・・・

yoru1.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
ケータイで学生の人気が高いauに関わる都市伝説です。この都市伝説は、実はやりすぎコージーで千原兄弟の弟が作ったという都市伝説です。

現在のauは元々セルラーという名前の携帯電話会社でした。そのセルラーが社名を変更して、現在のauという誰もが知っている企業名になりました。このauというアルファベット。昔のCMでaとuが合わさって卵の形をしていたことがあります。これは、金の卵になるという意味が込められていたんだそうです。

さらに、auのケータイには、WINというものがあります。この『WIN』に込められた意味は、ケータイ業界でドコモを抜いてトップになる、つまり、ドコモに勝つ(=WIN)という意味とケータイのシェアの三分の二を占めるという宣言が込められているんだそうです『WIN』という文字を『W』が下に来るようにしてみると、なんとそのまま『2/3』という数字が浮かび上がってきますね。
posted by トシデン at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。