2008年10月17日

・・・ドラえもんと2つのボタン・・・

yoru1.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
国民的人気マンガでありアニメでもあるドラえもんにまつわる都市伝説です。

原作ドラえもんは、小学館の『小学3年生』や『小学4年生』などの学年誌で連載されていました。
そして、一定量のストックが出来れば、それをコッミクとして発売していました。この点は、今ある連載マンガとコミックの関係と変わりありませんね。しかし、ドラえもんをコミックにする際に、編集者を悩ませた作品が2作品あったのです。

まず、『独裁者ボタン』。
これは、消えてほしい人のことを思いながらボタンを押すと、その人が消えてしまうという道具です。のび太はこれを使ってジャイアンやスネ夫、しずかちゃんと次々に消していきました。しかし、のび太は気づくのです。自分がひとりぼっちになってしまったことを。そのことを悲しんで泣いていると、電柱の陰からドラえもんがニヤリと笑いながら、「独裁者ってのは、寂しいもんなんだよ」と呟くのです。これはコッミクに載りました。

次に、『ばらばらボタン』。
これは、ほしいもの、たとえば頭のいい人から脳を、けんかの強い人から腕をといった具合に、ボタンを押せば自分のものと交換することが出来るという道具です。のび太はこのボタンを使って次々に自分の体を改造していきました。しかし、のび太は気づくのです。自分がまるでフランケンシュタインのような生き物になってしまったことを。そのことを悲しんで泣いていると、電柱の陰からドラえもんがニヤリと笑いながら、「欲張りすぎるのも、よくないんだぜ」と呟くのです。これはコッミクに載りませんでした。

なぜ、この2作品はこれほどブラックなのか。
それは、当時連載で悩んでいた藤子・F・不二雄が、かつての相棒である藤子不二雄Aからアドバイスを受けたからだと言われています。藤子不二雄Aはブラックな作風を当時描いていましたから、その影響を強く受けたと推測できますね。
posted by トシデン at 19:11| Comment(8) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

・・・アポロ計画と月の正体・・・

yoru4.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
アメリカ政府が隠しているというアポロ計画と月の正体にまつわる都市伝説です。

アポロ計画といえば、アメリカ政府が国をあげて臨んでいる計画ですね。
とくに月面周回や着陸などが有名です。そして、スペースシャトルにはアポロという名前が必ず付けられていました。そんな計画に関わったある宇宙飛行士に関するうわさがあります。

その宇宙飛行士は、アポロ8号に乗船していました。
アポロ8号の役割は、月面周回でした。つまり、世界で初めて月の裏側を見ることになるのです。そして、計画通りにアポロ8号が月面の裏側に行き、見事に月面周回を成功させました。しかし、その直後、ある宇宙飛行士が管制官に「なあ、サンタクロースを見たんだ」と言ったのです。サンタクロースという発言は、その日がクリスマスだったから冗談で言ったものだとほとんどの人に理解されました。しかし、サンタクロースには別の意味もあるのです。それは、未知の生命体、未確認飛行物体という意味が。

つまり、この宇宙飛行士は人間以外の知的生命体を確認したと、全世界に発表してしまったのです。これは、アメリカ政府にとって非常に都合の悪いことでした。そこで、見せしめとしてこの宇宙飛行士はバツを受けることになったのです。そのバツとは、アポロ13号のキャプテンになって再び宇宙に行くこと。その本当の目的は、アポロ13号の顛末を見ればわかりますね。
posted by トシデン at 13:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

・・・ほんとにあった!ノロイのビデオ26・・・

yoru3.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介するものは、
以前にテレビでも紹介された「ほんとにあった!ノロイのビデオ」シリーズについてです。

このビデオは、フジテレビの音楽番組でスガシカオのトークコーナーで紹介されました。
一般投稿のビデオをまとめた映像集。投稿された映像には、不可思議なモノの姿が映っていました。番組を見てこのビデオに興味を持ったので、ネットの通販で1本だけ購入してみました。

ビデオの中には、「バンコク観光」「セミナーキャンプ」「湯灌」「廃屋の住人」「オークション」「合唱」「シーソー」「続・オークション」「監視カメラ」が収めれています。どの映像も、ごく平凡な光景の中で一瞬だけありえない存在が映り込んでいるというものでした。そのありえない存在が、はっきりとした形で映り込んでいるので驚きましたね。

個人的には、「セミナーキャンプ」が一番こわかったです。この映像に映り込んでいた女性、そのあまりの異様さに震えが抑えられませんでした。
posted by トシデン at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

・・・第九のノロイ・・・

yoru2.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
ドイツの天才作曲家ベートーベンにまつわる都市伝説です。

ベートーベンといえば、毎年年末になると聞こえてくる交響曲『第九』が有名ですね。クラシックにうとい人でも聞けば「ああ、あれか」とわかるほど定番の曲です。
交響曲『第九』にはベートーベンの執念がとくに込められているといわれています。初めて曲がお披露目されるとき、ベートベン本人はすでに耳が聞こえていませんでしたが、指揮者として舞台にあがることに固執していました。耳の聞こえないベートーベンにはオーケストラの音色も演奏後の喝采も、もはや聞こえていなかったというのに。

このようなベートーベンの執念が、クラシックの世界ではある頃からノロイに置き換えられて語られるようになりました。
その理由は、ベートーベンのなくなったあと、彼の『第九』を超える交響曲を作ろうとした作曲家たちが次々に不可解な最期をむかえていたからなのです。交響曲の九番目を作ると、なぜかなくなってしまう。これはベートーベンのノロイなのではないだろうか。
しかし、この都市伝説に対しては、単に交響曲の九番目を作る頃にはそれなりの高齢になっているからだという説もあります。
posted by トシデン at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。