2007年10月05日

・・・タクシーの忘れ物・・・

yoru1.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
日常生活の中で利用することがあるタクシーにまつわる都市伝説です。

目的地に到着して降りるとき、必ずといっていいほどタクシーの運転手さんが言う言葉があります。
「忘れ物はありませんね?」
運転手さんの気遣いと考えればそれですむ話なのですが、実はここに都市伝説が隠されていました。

ある日、タクシーが一人の男性を乗せました。しばらくして目的地に到着し、男性は降りました。そして、運転手さんが何気なく後部座席を見ると、そこには携帯電話が二台置いてあったのです。これはさっきの男性の忘れ物だと思いましたが、もう男性はどこかへ行ってしまっていました。
すると、突然携帯電話の一台が鳴ったのです。運転手さんが電話に出ると、相手は男性の奥さんで、旦那が携帯電話を忘れたから旦那の代わりに受け取りたいとのことでした。
運転手さんとしては助かったと思い、すぐに奥さんのもとへ行って携帯電話を渡しました。しかし、奥さんは一台しか受け取らず残りの一台は知らないと言うのです。なので、一台だけ奥さんに渡してもう一台は運転手さんが預かっていました。
しばらくすると、もう一台の携帯電話が鳴りました。運転手さんが電話に出ると先ほどの男性が出てきたのです。男性は、携帯電話を忘れたからこれから受け取りに行くと言ってきました。しかし、奥さんにすでに渡したと運転手さんが男性に告げると、
「あんた、何言ってんだ!?おれは『独身』だぞ!!」
と激しく怒鳴ってきたのです。そして、あの携帯電話には一千万円の仕事の関係があるもので、あんたのせいで一千万円の損をしたから弁償しろと運転手さんに迫ってきたのです。運転手さんはそこで自分が二人によって『詐欺』にあったことに気がついたのですが、法律上奥さんかどうかをしっかり確認しなかった運転手さんに責任があるので、タクシー会社はその男性に一千万円支払うことになりました。

この詐欺事件の話がタクシー業界で広まり、同じ被害を出さないために運転手さんは必ず「忘れ物はありませんね?」と確認するようになったそうです。
posted by トシデン at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

・・・ウォルト・ディズニーは生きている・・・

yoru4.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
あのミッキーマウスやドナルドなどディズニーのすべての生みの親、ウォルト・ディズニーにまつわる都市伝説です。

ウォルト・ディズニーはもともと漫画家で、アニメ作品にミッキーマウスを生み出したことで一躍有名になりました。子供から大人まで幅広い世代、そして色褪せない普遍的なテーマを描くアニメは世界中で愛されています。
そんなウォルト・ディズニーは、1966年12月15日にこの世をさりました。しかし、実はなくなったはずのウォルト・ディズニーがまだ生きているというウワサがあるんです。

ウォルト・ディズニーほどの才能の持ち主はいない。そう思っている人たちが、なんと彼の体を冷凍保存しているそうです。医学が発展していつか彼が生き返る日を待ち望んでいるんですね。

しかし、大事なのはここからです。では、彼の『体』はどこにあるのでしょうか?ウワサによると、彼の体のある場所は、アメリカのロサンゼルスのどこか。そこには何かしらの目印があるんだとか。ウォルト・ディズニーに詳しい人なら、もしかしたら見つけることが出来るのかもしれません。
posted by トシデン at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

・・・心理テスト・・・

yoru3.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
ある特定の人だけが受ける心理テストにまつわる都市伝説です。

心理テストとは、特定の問いかけに対する答えで相手の心理分析を行う手法をさします。つまり、一見意味の無いような答えが深層心理を表していることがあるということですね。そして、似た精神構造を持つ人たちは同じ答えを出すという傾向もあるそうです。

それでは、あなたにお尋ねします。
「親子3人の家庭がありました。悲しいことに、父親がなくなりました。悲しい知らせを聞いて父親の古い友人たちが、奥さんと子供のもとへ訪れます。すると、友人の中の1人の男性に奥さんは恋をしてしまいました。次第に、奥さんはその男性のことを深く愛してしまったのです。そして、奥さんは何を思ったのか、子供をコロしてしまいました。さて、なぜ奥さんは子供をコロしたのでしょうか?」


この問いに対して答えが「子供が邪魔になったから」になった人は正常なんだそうです。
しかし、ある共通項を持つ人たちは違う答えになります。それは、「子供をコロせば、またあの人(父親の友人)に会えるから」という答えです。
この答えを出してしまう人たちに共通することは「ハンザイ」です。とくに重大なケースの人たちのようですね。つまり、この心理テストは「ハンザイ」者だけが受ける心理テストなんです。
posted by トシデン at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

・・・かごめかごめのわらべ歌・・・

yoru2.jpg
今回『奇奇怪怪の都市伝説の世界』で紹介する都市伝説は、
誰もが子供の頃に歌いながら遊んだことがあるわらべ歌の『かごめかごめ』にまつわる都市伝説です。

『かごめかごめ』の歌詞は、
「かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?」

というのが一般的ですね。この歌詞。冷静に読んでみると、何か不思議な印象を受けると思います。そのため、この歌詞に関しては様々な解釈が生まれているのです。

まず、歌詞を文節ごとに解釈してみると、
「かごめ」は、籠の目を意味しており、編みこんだ竹の網目は六角形の形をしています。または、「かごめ」は「かがめ」(屈め)を意味しているという解釈もあります。
「籠の中の鳥」は、神社やオニを意味しているといわれています。中には、胎児という解釈もありますね。
「いついつ出やる」は、「いつになったら出てくるのか?」や「いつになったら出て行くのか?」という解釈がされています。
「夜明けの晩に」は、夜が明ける間近の時間帯や夜明けから晩までという時間の間隔を意味しているといわれています。
「鶴と亀が滑った」は、縁起のいいものがすべるということで不吉の暗示、または、「ずるずるとひっぱた」が変化したものという解釈があります。
「後ろの正面だあれ?」は、そのまま「真後ろにいるのは誰?」という解釈が多いです。

このように文節ごとに解釈して全体として読み解くと、埋蔵金の隠し場所や遊女の怨恨の歌などに解釈されていますね。
posted by トシデン at 23:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 童謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。